普段から正しい姿勢を心がけましょう!

正しい姿勢でいることは何よりも体の負担を楽にするのです
未分類

マッサージ師を仕事 にするにあたって

訪問マッサージの資格を取得しようと思ったきっかけは、景気が悪くなり仕事探しに困ったときにも、「訪問マッサージ」の資格を取っておけば、これからの高齢化社会でも、仕事に困ることがないのではないかと思ったからでした。

取得には大手のスクールを利用しました。そこには20代~50代の方まで幅広い年齢の方が通われ、男性も多く通学されていました。不景気の中、男性のみで構成されたクラスもある程だと言うことでした。

同じクラスの皆さんは、お仕事もお姑さんの介護をされている主婦の方や、将来の仕事の不安を抱えられている警備の仕事をされている方など様々でした。実際の授業は、知らない世界だったので講義も楽しく聴くことができました。実技もペアでやることが多かったのですが、みんな和気藹々とし楽しく学ぶことができました。

しかし、実際には2~3ヶ月の週1回の授業だったので、本当に身についているのかは不安でもありました。
実際に実習を行った際にも、習ったはずなのに上手くできないこともとても多くあり、現場のの職員の方たちに教えてもらいました。

身に付けるのは実践が一番いいと思います。訪問マッサージで、様々な家庭を訪問すると、その家庭が少し垣間見ることができ、家族が介護を必要とされている方にどのように接しているかが少しわかるのですが、将来自分が介護する側に立った時どのように接するべきかを考えさせられることがあります。

どうすれば、老後を気持ち良く自分らしい生活が送れるか、訪問マッサージの仕事をする上では常に考えていなければいけないことだと思います。