普段から正しい姿勢を心がけましょう!

正しい姿勢でいることは何よりも体の負担を楽にするのです
未分類

訪問ヘルパーの複雑な気持ち

高齢者の訪問ヘルパーをしていると、家族の方がいるお宅では、家族の方がとても感謝してくれることが多く、やりがいを感じます。
もちろん、介護を受ける方からも感謝されることはありますが、普段は優しい人でも、その日の気分によって態度が変わったり、性格が気難しい人がいたり、様々な人がいるので、仕事の作業中は、いつもやりがいを感じるとは言いにくいところもあります。
それでも、人によって仕事の質を変えることなく対応していくことが大切だと思い、どんな人でもできるだけ笑顔で接するように心がけています。
そのせいか、最近では、私生活で人に接する時も「優しい雰囲気になったね」と言われるようになりました。

以前は、ちょっとキツイ性格という印象を持たれていたので、自分の印象が良くなったことも、これからの仕事のやりがいに繋がりそうです。
とは言っても、やはり困ってしまう人の介護をしなくてはいけないこともあります。
それは、セクハラな言動をするおじいさんです。
仕事とはいえ、このおじいさんのお宅に行かなくてはいけない日は、かなり憂鬱になりました。
笑顔で接しようと思っても、なかなか自然な笑顔にはなれません。

介護福祉士の友達の仕事先にも、似たようなおじいさんがいるそうで、この嫌なおじいさんで溜まったストレスは、この友達とのおしゃべりでストレス解消をしています。
そんな中、このおじいさんのお宅の訪問の日、「今日の仕事は中止だから」と言われました。

このおじいさんが、入院したそうです。とても嫌な人でしたが、入院と聞くとちょっと心配な気持ちになりました。
ヘルパーの仕事は、人との付き合いが大切な仕事なので、自分の中の複雑な気持ちが見えてくる仕事だなぁと、本当に感じてしまいます。